[ Japanese | English ]

タイトル

Furano Landscape Gallery

画家 富良野風景画館
 富良野の風景の中にある富良野の風景画の美術館。 当地において制作を続ける画家奥田修一のアトリエ(往時の奈江小学校)を 個人美術館として開放したものです。
 富良野地方の四季を描いた油彩画数十点を常設するとともに、 館それ自体が一つの作品の様に画家によってコーディネイトされています。
  
奥田修一 奥田修一プロフィール
 1959年東京生まれ。
 1987年に富良野に移住してより、素直な描法でこの地の自然を描き続ける。 空や樹木、耕地をモチーフにしたものが多く、夏は30度を越え、 冬はマイナス30度を越える富良野にあって、ほとんど戸外で描かれた作品には臨場感がある。 また、その作品群は不思議と象徴性、宗教性を感じさせるところがある。
 「水の存在の様に空気の満ちた風景を描きたい。」  「絵の中に時間を描き込みたい」  「一人野にあって思うままの絵を一生描いていたい。」は、奥田の方向性を示す言葉。
  
画家 百年遅れの印象派
 「自身をどの様な画家だと思いますか?」との問いに「百年遅れの印象派といったところでしょうか。今ではちょっとめずらしいクラシックな絵描きです。」と奥田が答えたことがあった。
 「それに少し付け加えるなら、私は日本人なので、日本人としての感覚、祈りの様なことが、創作の原点であれと自らに言い聞かせたい。資質には天と地ほどの隔りがあるにせよ、セザンヌ、ゴッホの描いたフランスの片いなかとは、ほぼ同緯度の富良野。地球の表と裏、青い瞳と黒い瞳、百年の年月を隔てて、これからどんな絵が生まれるか自分でも興味があります。」


北海道風景画館ホームページ 開設しました (2010年1月)
New! → 北海道水石庵ホームページ 開設しました (2014年8月)

Index.

 ○お知らせ  ○カフェ「銀ドロ」
 ○作品紹介  ○オリジナル商品
 ○ポートレートスナップブック
  ・奥田修一の言葉
 ○外観スナップブック
 ○人物画・母の歌  ○館内観スナップブック
 ○富良野画廊  ○周辺の動植物


夏の外観

冬の外観

このページはInternet Explorer3.0以上で見ることをお勧めします。
このホームページに掲載されている画像、コンテンツを無断転載しないようお願いします。
All Rights Reserved (c) Furano Landscape Gallery 1998-2005

071-0737 北海道空知郡中富良野町奈江無番地 TEL/FAX 0167-44-4477